梅雨真っ只中。

 

蒸し暑くても、外出時はマスク…マスクの中はサウナのようになることも多いこの頃です。

未就園児にはマスクをつける方がリスクが高いとのこと。

小さいお子さんのいるご家庭はお気を付けくださいね。

 

小さい子に限らず、今は熱中症に気を付けたいですね。

私も体調管理に気を付けながら、こまめな手洗いで感染予防に努めたいと思います。

 

さてさて、本日のおススメは

ほぼ毎日「野遊びのススメ」などFacebookやインスタを投稿し、子どもたちを励ますメッセージを送り続けている

NPO法人子どもへのまなざしをご紹介します。

 

NPO法人子どもへのまなざしは、活動拠点の日野市にてプレイパークや野外保育などを運営しながら、

「子どもが主人公の居場所」を創り続けよう!子どもがいるからつながる「人の輪」を広げよう!

と、子育て中の人とともに、子どもたちを『子ども時代』の主人公として、ありのままを受け止め、あたたかいまなざしで支えていく活動を展開しながら、「次の時代を生きる子どもたちにとって大切なこと」を第一に考える社会の実現を目指して活動している団体です。

※上記の文章はHPから転載させていただきました。

 

NPO法人子どもへのまなざしHPを中心に、Facebookインスタなどから連日投稿されている記事が楽しい。

コロナ禍にスタートした「野遊びのススメ」シリーズでは、普段の野外保育での子どもたちの姿や今の季節ならではの楽しみ方、外遊びのアイディアなどなどを、団体の代表理事中川ひろみ氏が紹介しています。

その他に、当団体スタッフがお気に入りの一冊を紹介する「私のお勧めの一冊」なども合間に投稿されていて、スタッフの人柄が垣間見えるようで楽しいですよ。

 

実は、野外保育のスタッフとして昨年より働き始めたゆうちゃん(スタッフのときはゆうきちゃんと呼ばれています)もお気に入りの一冊をアップしてもらいました。我が家で擦り切れるまで読んだお気に入りの絵本です。

https://www.facebook.com/NPOmanazashi/posts/3102342416476926?__cft__[0]=AZXh0FL03TezxeZ3xE86a34r7P7jdlUlt0xo0shXEb0K45XHTbMz0XX5J8nv-sXx8rwOWJUt-ByDuBUjYMHkCdwe9ZWUPUKspMeXpMnWuqBAebdPIzZe5xiXRcdTTORdmV_M86xj2TBP-MJRm5tGPUs_bi1AgeKH72GRCV1hoHCeWA&__tn__=%2CO%2CP-R

 

東京でも川で気持ちよさそうに遊んでいる子どもたちの様子を見ることができますよ〜。

  

今年の夏はプールなどの中止がすでに伝えられているところが多いですが、近所の川の近くに遊びに行ってみると、水に入らなくても自然豊かな風景や今週や魚などの生き物に出会えたりします。

 

デジタルデトックスするには最適!!

 

※ただし、熱中症対策のための飲み物や帽子、虫よけ対策はこの時期必須です。

 

こちらの団体が主催するプレーパークなかだの森であそぼうは、感染予防対策をしながら徐々に再開しています。

プレーパークなかだの森であそぼうは、絵本シアターを何度も上演させてもらっている、ゆうちゃんにとってとても大切な場所。

再開は本当にうれしいです。

 

絵本シアターも、感染状況などを見ながらまた開催できるようになりましたらお知らせします。

 

あーー、早く上演できるといいなあ…。

 

 

なんだか急に夏のような暑さが続いていますね。

みなさん、お元気ですか?

仕事や学校などの再開など、いろんな変化に実は体がびっくりしていませんか?

これまでなら、季節の変わり目だし…と気楽に構えられたちょっとの体調の崩れが、今はドキドキしますね。

体も気持ちも自分のものとして大事にすごしたいですね。

 

さて、今日はもうひとつおススメとしてオンラインワークショップをご紹介します♪

 

【プレイキッズシアター】

 

子どもたちとの舞台創作に積極的に関わっているむらまつひろこさんが主催のプレイキッズシアター。

※写真はプレイキッズシアターサイトよりお借りしました。

 

「表現することは自分を生きること」

の思いを基に、様々な場で劇づくり、お話づくりのワークなどを通してさらに子どもたちへ表現の自由さ、楽しさを伝えてくださっています。

 

その様子が収められたドキュメンタリー映画「じぶんのことば」を鑑賞したことが、ゆうちゃんにとってのひろこさんとの出会いでした。

 

☆彡ゆうちゃんのほよよ日和に映画と、「じぶんのことば」の舞台となった東村山子ども演劇プロジェクトの公演を観劇しての感想をアップしてます。

「仲間とつくるこども演劇プロジェクト公演「ロード」を観てきました」

 

映画はものすごく心に響きました。

子どもたちが自分自身と向き合う姿や、それを信頼して見守るスタッフの姿勢に心が打たれ、エンドロールでは涙がとまりませんでした。

 

ご縁があって、ひろこさんのワークショップに親子で足を運ぶようになり、親として見守り、時には参加して楽しみながら、活動内容からたくさん学ばせてもらっています。

 

昨年は娘が全8回のワークショップに参加。

最終日はホールでミニ発表会を体験する企画に、

照れ屋であまのじゃく、練習はほとんど見てるだけ、「舞台は立ちたくない!」と言い続けていた娘が、ミニ発表会ではのびのび&イキイキと楽しんでいる姿が…家族で驚き、私なんて感動で胸が一杯になりました。

 

「○○ちゃん(娘の名前)はもう大丈夫!今度はあなたの番よ」

 

と、親の私の、表現したい気持ちをすかさず見通して声をかけてくれたこともすごくうれしかったなぁ。

 

子どもたちだけでなく大人も含め、人間一人一人の応援団として、ひろこさんを始めスタッフ全員が熱意と信念を持って活動を続けている姿勢から、子どもたちの表現の豊かさや、子どもたちを信頼し続けることの大切さを教えてもらっています。

 

コロナの影響でワークショップなど直接集まることが難しくなったときには、早々とオンラインワークショップをトライアルで開催。

スタッフが協力して回数を重ね、内容をより充実させているようです。

 

「子どもたちは待ってくれない」と、

今このときも精一杯生き続けている子どもたちにできることは何か。

 

それを問いかけながら積み重ねてきたワークショップは、楽しさだけでなく、今を頑張ろうと思える勇気を、傍らで見守る大人ももらえるのではないでしょうか。

 

ちなみに、あまのじゃくの我が娘ちゃん。

オンラインでのワークに参加するときは毎回始めはしぶしぶの様子見姿勢(パッと見ると参加したくなさそう…)なのですが、

ひろこさんやさーやんなどのスタッフのナビゲートで、本人も知らない間に遊びにのめりこんでいき、

最後は画面に映らなくなるくらい動き回っているという展開がお決まりパターン。

 

ワークショップに参加するときは、毎回子どもたちに確認&相談して参加の有無を決めていますが、

 

「いく!!」

 

と娘は即答します。

 

つまんなそうな姿も、スタッフの方々の「それでいいんだよ」というあたたかい眼差しを、画面からもしっかり感じているからなんだろうな。

 

そんな娘も参加する今週末開催のワークショップがありますよー。

最新のものも含め、ワークショップ情報&参加方法については、以下に転載した案内文をご覧くださいね。

 

機会があったらぜひ一緒に楽しみましょう!!!

 

★★6月特別企画  コラボ企画「クラウンYAMA×プレイキッズシアター」★★

おうちで、クラウンYAMAちゃんとあそぼう!!

大道芸 クラウンYAMAちゃんが、プレイキッズシアターオンラインについに登場!!
あそびの達人たちが、大集合。オンラインだからできる、あそびやパフォーマンスをくりひろげます♪

💛想像して、あそぶ時間もあるよ。
💛YAMAちゃんのパフォーマンスもあるよ。

え?YAMAちゃんが、空に飛んで行ってしまったぁ?
おーーい、どこに行ったんだーーー?!

盛りだくさんのプロフラム。
世界中からご参加お待ちしております。


 ●6月6日(土)日本時間 10時〜10時50分 
★特別コラボ企画★ クラウンヤマちゃんの大道芸登場!!

対象:幼稚園年長〜小学生
定員:15組
所要時間:50分
出演&講師:クラウンYAMA&ひろこ
用意するもの:フェイスタオル 動きやすい恰好 水筒
参加費:1000円
企画:プレイキッズシアター
申し込み:
https://ws.formzu.net/fgen/S14642957/?fbclid=IwAR0Av_MbFE8JWhDBpuRlMz21t03ba5LINgo9Vahtk7wLFtBzwjIiPp0-2sA

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
プレイキッズシアター(Play Kids Theater)とは
子どもたちの個性を引き出し、世界にひとつだけの「もしもワールド」を展開中。演劇・音楽・ダンス・舞台の専門家たちが集まり、子どもたちとのあそびの場をつくるため、ワークショップや舞台創作を行っています。「もしもの世界」で皆と一緒にあそぶことを通して想像力と創造力を培い、自分らしく生きるための人間力を育みます。
(あそびの時間のプロモーション映像 https://www.youtube.com/watch?v=PVnxYQvjFEc)

新型コロナウィルス関連で家にいる子どもたちに、ドキドキわくわくの瞬間を届けたいと、オンライン「あそびの時間」も展開中。
♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「プレイキッズシアター」YouTubeチャンネル
https://m.youtube.com/channel/UCVl_cetxZmXuPYej1l5gWxQ…
「プレイキッズシアター」Facebook
https://www.facebook.com/playkidstheater/
PlayKids TheaterがLINE公式アカウントに登場!
お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。
https://lin.ee/rXG6DB9

 

 

 

 

 

 

いよいよ全国的に学校が再開になりましたね。

みなさん、お元気ですか?

 

生活リズムを取り戻したり、気持ちに気合いを入れ直したり…新たなスタートを、それぞれ思いを抱えながら一歩踏み出している方が多いのかな。

 

しかしながら、密を避けるためにオンラインを利用しての取り組みはいろんなところで引き続き継続しそうですね。

楽しみながら、無理をせず、取り組んでいけるといいですね。

 

さて、今回はゆうちゃんの子どもたちが参加してみて、とても楽しかったオンラインワークショップをオススメとしてご紹介したいと思います。

 

(実は、この記事にまとめていくつかのワークショップをオススメしようと書き出したのですが、ワクワクした気持ちを書いていたら文が長くなってしまった…なので、一つずつオススメすることにします(笑))

 

【あそびのアトリエズッコロッカ】

↑↑

公式サイトにリンクされてます。

 

府中市にある子どもも大人も楽しめるあそびば「ズッコロッカ」のことについて、HPに成り立ちや思いなど丁寧に書かれているのでぜひご覧いただけたらと思います。

ゆうちゃんが足を運んだときの印象としては、おもちゃ箱みたいな空間の中に、

 

子育てひろば

&

放課後に子どもたちがすごせる居場所

&

工作教室

 

が一緒になったスペースという感じ。

 

時間帯によっていろんな方が京王線多磨霊園駅近くにある古いマンションの一室を訪れて、

親子でゆっくり工作したり、

音遊びしたり、

開催されているワークショップに参加したり。

 

ゆうちゃんは自宅から少し離れていますが、

ここのかわいい雰囲気と、

居心地のよさ、

さらに、スタッフのみずピー(元小学校教員の水野さやかさん)&しなもん(音楽家・マリンバ奏者のシーナアキコさん)のお二人の人柄に魅せられて、都合があうと足を運んだり、場所をお借りして、コンサートを開催させてもらったりしました。

 

☆彡訪れたときの様子を、ゆうちゃんの個人ブログ「ほよよ日和」にも書いてました🎵

アラスカの旅のお話会&クリスマスコンサート

親子音楽会@ズッコロッカ

 

コロナ禍の影響で、ズッコロッカは閉所していますが、子どもたちの遊び心を繋げようと、インスタライブなどで配信したり、作品の募集をしたり、地道に活動を繋いでいく中、

5月下旬よりオンラインでワークショップが始まりました。

 

#ワークショップの詳細は、こちらのオンラインストアへ。

 

https://zuccorocca.stores.jp/about

 

ワークショップに参加することで、ズッコロッカの運営のサポートにもつながるとのこと。

ぜひぜひズッコロッカの活動を続けてほしい気持ちでワークショップに参加しましたが、

いやいや、そんな感覚はなくても次にまた参加したくなる楽しさ満載の時間でした。

 

☆彡「ほよよ日和」にこの日の我が家の参加したときの様子をアップしてます♪

ズッコロッカのオンラインワークショップ

 

ズームの機能を活かした楽しい遊びのアイディアに、なるほど…と何度も感心してしまいました。

 

子どもたちのやりたい気持ちを盛り上げてワクワクした作品につないでいく様はすごく勉強になりました。

まるで、子どもたちのアートの魔法使いのよう。

 

ちなみに、

ワークショップの募集の他に、グッズの販売もしています。

ズッコロッカ常連さんのお子さんの作品のようですが、これがかわいい。

ネーミングも「ズッコロッカ」にかけて「○○しよっか」とか…音の響きもかわいくて、大人のほうがワクワクしてる(笑)

 

かわいい!というトキメキの気持ちって、こんな時だからこそすごく大切な気がします。

 

状況が落ち着いたら、ワクワクが詰まっているあそびばズッコロッカにもぜひ足を運んでみてくださいね〜。

 

 

 

 

こんにちは。

絵本シアター一座のおやぶん、ゆうちゃんです。

冷たい雨の日が続いていた一週間でしたが、東京は週末ようやく晴れ間が見えました。

まもなく緊急事態宣言も全面解除される見通しですね。

少しほっと息がつける感じでしょうか。

 

前回の記事にて、人形劇の動画について、いくつかご紹介しました。

ゆうちゃんがおススメする動画あれこれ【人形劇編】

 

その中で、地元で活躍する劇団はありますか??と書かせていただきましたが、

ゆうちゃんの住む地域では、毎月気軽に演劇に触れることのできる子ども向けの公演があります。

その名も「ほうかごシアター」。

地域密着型で演劇をもっと身近に…と様々な場で上演を重ねているシアターオルトさんが毎月たちかわ創造舎にて開催しているこの「ほうかごシアター」を今回はご紹介します。

 

たちかわ創造舎のオフィシャルHPはコチラ。

↓↓↓

たちかわ創造舎

 

ほうかごシアターは、「よみしばい」という、役者さんが台本を持ちながら舞台に立ち、読み聞かせとお芝居をミックスさせたようなシアターオルトさんのオリジナルの上演形態のことだそう。

よく課題図書などに選ばれているような昔ながらの名作を子どもたちが気軽に楽しめる演出などを加えて20-30分程度の内容に作品を仕上げ、上演されています。

 

毎回シンプルな舞台や衣装で、役者さんたちの熱演が一番の見もの。

そして、舞台とお客様の距離がちょっと近づくような、いろんな工夫が盛り込まれています。

 

毎回その工夫やしかけが楽しくて、大人の私もワクワクしながら毎月のようにほうかごシアターに足を運んでいました。

 

今はたちかわ創造舎も休館中。

ですが、これまで上演されたほうかごシアターの作品から、無料でYouTube動画を配信してくれています。

 

ほうかごシアターで一番人気の、宮沢賢治の名作

「注文の多い料理店」

 

女の子が大好きな

「人魚姫」

 

こちらも名作

長靴をはいたネコ

 

などなど。

小学生以上向けかなと思われるお話が多いのですが、しかけの楽しさやダイナミックな役者さんたちの演技に惹きつけられて、ほうかごシアターには小さいお子さんを連れているお客様も結構いました。

 

今回配信されていないのですが、「ブレーメンの音楽隊」などは未就園児〜未就学児でもばっちり楽しめる作品です♪

こちらは、実はゆうちゃんの娘がお世話になった野外保育まめのめで、年に一回行われる観劇会にて野外上演をしてもらった演目でもあります。

 

子どもへのまなざしのFacebookより

まめのめ観劇会

 

生演奏でのテーマソングがまた楽しくて、しばらくの間まめのめの保育中やバスでの移動時など、子どもたちがよく歌っていたそうです。

 

本当は、来週開催予定だったほうかごシアターは、「ブレーメンの音楽隊」だったんですよね…残念。

でも来月からは、もしかしたら開催される可能性も出てきましたね。

 

ほうかごシアターでは、あしながチケットという制度があり、子どもたちはほぼ無料で観劇することができます。

(あしながチケットについて、詳しくはたちかわ創造舎のHPをご覧ください)
 

「地域に演劇を通じた場づくりを」

というシアターオルトさんの思いにも、とても共感しています。

 

よかったらご覧くださいね。

 

ではでは、また!

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。

絵本シアターおやぶんのゆうちゃんです。

活動をお休みさせてもらっている間に、世の中が大きく変わってしまいました。

 

3月突如子どもたちが休校となってから緊急事態宣言が発令され、かれこれ1か月半たちました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 

ゆうちゃんの住む東京は緊急事態宣言の解除とはならず、友人や仲間たちと自由に会うことはなかなか叶いません。

もちろん上演の予定もキャンセルとなりました。

 

極力外出を控えて家族で過ごすという制限のある中、ゆうちゃんも子どもたちととにかくずっと一緒に過ごすということになりました。

幼稚園に上がるまでのどたばたの日々を思い出すかのような毎日は、始めはあれこれ大変だったけれど、慣れてくると実は気楽で安心できるいい時間を過ごしている気がしています。

 

こんな機会でもなければ、ここまでたっぷり子どもたちと向き合うことはもうなかったかもしれないなぁと。

 

思春期にもなれば親とは顔もみたくない!なんて時期が来てしまうだろうし…(考えるだけで悲しいけど)、

今はうっとおしいくらい「おかあさん!!」と呼んでもらえることのありがたさを感じたりもして…。

 

そんな感じで、完全にstayホームモード。

朝寝坊も夜更かしもできちゃうこの頃を楽しんでいる面もあったりしてます。

(もちろん三食の準備や宿題のお手伝いなど、実は結構忙しい)

 

これを機に我が家でも、YouTubeやZOOMなどを利用する機会が増えました。

きっかけは学校から課題と共にYouTubeでの動画配信(授業の代わりとなるもの)と、ZOOMを利用しての朝の会が始まったこと。

ネットや動画鑑賞についてのルールについて、学校からもいろいろアドバイスをもらえたのがとてもありがたかったです。

 

あわせてオンラインでの講座やシンポジウムに参加してみたり、オンライン飲み会を友人たちとやってみたり、

小2の娘の同窓会をやってみたり…オンラインでしかつながりを感じられない今の状況でも、親子で楽しめそうな企画にあれこれ参加しています。

 

そんな中、素敵な絵本の紹介やお話、表現的な遊び、さらに、「コロナに負けない!」を合言葉に無料でも楽しめる動画などが数多く配信されていることを知り、ワクワクしながら子どもたちと自宅で観劇などを楽しんでいます。

 

遠くの地で開催されるはずだった観劇を楽しめたり、

ダイジェスト版や期間限定配信をフルサイズで観劇したり、

こんな機会だからこそ出会えた作品や劇団があります。

 

生で鑑賞するのが本来は一番ですが、コロナに負けないようと祈りを込めて、自宅でも作品に触れることができるよう動画配信という形で自宅で作品を鑑賞できるようになったのは、子育て世代には実はすごくありがたいことなんじゃないでしょうか。

 

子どもと一緒に都心の劇場まで足を運ぶのは厳しいとか、

お子さんがじっと座っているのが難しいからとか、

生での観劇をそもそもあきらめている方も多い。

私もその一人。

 

それが、こんなあれやこれやを自宅で気軽に楽しめるなんて!

 

日々子育てや家事、そして在宅ワークなどにがんばるお母さんお父さんが

「ちょっと一息入れたいな…」

なんてときに、子どもたちと楽しんで鑑賞してみるのといい気分転換になります♪

 

ダイジェスト版をいろいろ見て、この自粛生活が落ち着いたら、ぜひ劇場へ足を運びたいなと思える作品を選んでおく…というのもいいんじゃないかなと思います。

 

さて、そういった親子で楽しめる動画の中で、ゆうちゃんがこれはおもしろい!と感じたものをおススメとして紹介していきたいと思います。

 

今回は「人形劇」

 

実はゆうちゃん、これまでほとんど人形劇を生で鑑賞したことがありませんでした。

 

でも、それ、すごくもったいなかった!!

 

子どものころテレビを夢中になって見ていたセサミストリートや、プリンプリン物語(←知ってます??)もみんな人形劇だったのに!!

 

今回ゆうちゃんが人形劇の面白さに目覚めたきっかけは、

人形劇団プークによるGW期間限定配信「森のへなそうる」を鑑賞したこと。

 

ゆうちゃんちの小学生2年&5年の子どもたち、何より私の心をガシッ!!!とわしづかみにされました。

 

「おにいちゃーん!」「おっきなたがも〜!!」と舌ったらずな次男君や、

「ぼかあ、へんなどうぶつじゃない」とへなそうるの口ぶりを真似る「へなそうるブーム」が我が家で続いています。

 

プークの動画を順番に楽しんだ後、紐づけされて紹介にあがってきた新しい人形劇をあれこれ鑑賞して楽しんでいますが、

劇団ごとに人形や人形師さんの表現方法もバラバラで個性がくっきり分かれています。

そして、それぞれの技や表現の美しさにさらに心を奪われています。

 

すばらしい技や人形を用いて、努力を積み重ねながら作品を作り続けている歴史ある人形劇団が日本にはいくつもあることを今回知ることができました。

 

いくつか鑑賞した中で代表的な人形劇団をいくつかご紹介します。

 

★人形劇団ひとみ座

https://youtu.be/6Kw90NngiFg

 

★人形劇団カッパ座

https://youtu.be/aEjqg9TwUe4

 

★人形劇団プーク

https://youtu.be/e9TxbWYyq0U

 

★人形劇団かかし座 

https://www.youtube.com/user/KAKASHIZAjp

 

 

※それぞれの劇団の配信動画の中から、未就学児向けのものでゆうちゃんが面白かったものをチョイスしご紹介しています。

 

ダイジェスト版として5分以内で作品を紹介しているYouTube動画から、

小さい子どもたち向けにパペットなどで手遊び歌遊びなどを紹介する動画まで、

それぞれの劇団から数多く配信されています。

 

また、それぞれの動画の鑑賞後には、紐づけされてさらにいろんな動画が紹介されますので、ゆうちゃんちのようにそこから新しい出会いを探してみるのも楽しいです。

 

ただし、お子さんによっては「これもこれも見たい!!!」と止まらなくなる可能性もありますので、それぞれのご家庭でお約束など必要になることもあるかもしれません。

制限などがかけられていない状態だと、大人の鑑賞用の動画もどんどん紹介であがってきてしまうので、子どもたちにまだ触れさせたくないような内容のものが上がってこないとも限りません。

 

対応策として、YouTubeでは、子ども向けの作品として設定されているものに限って視聴できるように設定することもできますので、そちらを利用するのも良さそうです。

(ただ、そういった制限をかけることによって本来視聴できるはずの配信動画が視聴できなくなるトラブルが学校から報告を受けていることもあり、我が家は制限をかけていません)

 

また、お気に入りの人形劇団がありましたら、チャンネル登録しておくのもおススメ。

その後チャンネル登録のフォルダをクリックするだけでお目当ての作品を検索しやすくなります。

 

それから、我が家ではネット環境がWi-Fiではなく、私のスマホのデザリングにてPCのオンラインと接続しています。

そのためオンラインにつなぐには、私の方でその都度スマホによる操作が必要になります。

不便さもありますが、子どもたちが自分たちで判断してネットの時間を区切ることはまだ難しいと思い、今はあえてそうしています。

 

大人のいるところで鑑賞する、

見る時間をその都度相談して決める

…というのが我が家のルールですが、家族で楽しめる方法をあれこれ模索中。

 

みなさんも鑑賞ルールをご家族で話し合いながら、親も子も疲れないオンラインでの作品の楽しみ方をそれぞれ探してみてくださいね。

 

東京では、大変な状況がもう少し続きそうですが、一人一人暮らしの中で楽しさを見つけながら乗り越えていけるといいですね。

 

ゆうちゃんもブログを通して日々の楽しさをお届けするお手伝いが少しでもできたらいいなと思っています。

 

 

 

 

日野市にて活動されている障害児親子の子育てサークル「ぞうさんの会」で開催されたクリスマス会に呼んでいただいて、
絵本シアターの出張上演をしてきました♪
 

 

クリスマス会ということで、パーティー風に楽しめる作品を…とこちらの二冊を選んでみました。

 


「くだもの いろいろ かくれんぼ」

「サンドイッチ サンドイッチ」
 

 

今回いただけた時間は15分。

二冊の中に、音や視覚を使って楽しめるしかけを盛り込みました♪
 

 

今回最後までしかけを悩んだのは「くだもの いろいろ かくれんぼ」
この絵本には、くだもの一つ一つに擬音語が書かれています。

「りんご」は「ころんころん」

こちらはビー玉を転がして音を響かせるように日用品を工夫して音を出してみました。
だいたいの擬音語は、音で表現できたのですが、

「もも」は「ふわふわ」
 

 

「ふわふわ」を音にするとなんだ…?
 

イメージが広がる表現はなんだ…?

 


とあれこれ考えた末にたどり着いたのは、音ではなく視覚!
 

大きなピンクの布をなるべく大きく縫い合わせて、客席でバルーンのように

ふわーーっとはためかせて、雲のような動きやふわっとした感じを出してみました。

みんな声をあげて喜んでくれて、手を伸ばしたり、飛んでみたり…。
そんな楽しそうな様子を見て、私たちも
やったぁ!!と心の中でガッツポーズでした

続いての「サンドイッチ サンドイッチ」は、ずばりクッキングショー♪
 

 

 

楽器やサンドイッチが気になる子どもたちが集まってきて、ゆうちゃんはすっかり
写真では隠れています、笑。

さあ、この特大サンドイッチ。
何からできているかというと…

実は家庭やいつも出掛けているお店に普通においてあるものばかりなんです。

ちょっとお化粧させて、ちょっとアレンジして、
こんな特大のおいしそうなサンドイッチになりました。
一番気になるパンは…実は低反発クッション

スポンジやクッション素材は、パンを作るのに持って来いの素材。
もう使わなくなったスポンジなどあったら、ぜひお試しくださいね。

楽器や小道具に興味をもってくれて、ワクワクと近寄ってきてくれる子どもたち…。
その気持ちが伝わってきて、嬉しくなりました。

いとちゃんの読み手もほんわかした雰囲気で、とっても素敵なんですよ〜。
ゆうちゃんは初の楽器担当だったので、顔は笑顔、心は真剣…(笑)


もうすこし余裕があれば一緒に演奏しよう!と投げ掛けできたなぁとちょっぴり反省。

 

次回の宿題にしたいと思います。

 


これで絵本シアター、年内の上演はおしまいです。

しばらくお休みをいただいて、春頃にまた活動スタートできたらと思っています。

 

上演などについてのお問い合わせはお気軽にどうぞ。

こちらのコメント欄を使ってください。

公開しない形で対応させていただきますね。

その際はご連絡先の記載をお忘れなく。

 


また、密かにFacebookに絵本シアターゆうちゃんと仲間たちのページを作りました。 

こちらからもお問い合わせお受けできますので、お気軽にどうぞ🎵
 

 

それではみなさま、よいクリスマスを!!!

 

先週木曜日は、紅葉真っ最中の裏高尾にあるみどり幼児園の園庭開放「あそぼうくらぶ」にて

おはなしコンサートを開催してきました。

 

【上演のお知らせ】2019/11/21おはなしコンサート@みどりようじえん(裏高尾)

 

初めてのおはなしコンサートという企画は、アイリッシュハープの演奏をもっと楽しんでもらおうということでスタートしました。

 

普段屋外で上演することの多い絵本シアターですが、響きが広がってしまいがちの屋外演奏時には小型のアイリッシュハープを用いて、しっかり響かせられるような演奏をしてくれているNaoko♪

今回はみどり幼児園の木のぬくもりを感じられる園舎の中での上演で、大型のアイリッシュハープでの演奏を楽しんでもらうことができました。

大型ならではの深みのある繊細な音の響きも堪能していただけたかな…と思います。

 

さて、この日

まずは子どもたちとご対面!

そして、落ち葉の工作あそびを一緒に楽しみました。

 

森のたきびを描いた段ボールに、みんなで落ち葉をくっつけていきます。

両面テープでペタっ!

園庭に落ちている落ち葉もペタっ!

 

こんな素敵な背景ができあがりました。

これを背景に、「たき火」から演奏&歌が始まりました♬

 

 

アイリッシュハープをしっかり楽しめる曲「ビリーブ ミー」

しっとりと聞かせてくれました。

 

みなみじゅんこさんの絵本「どんぐりころちゃん」を読んでいるとき、ちょっとハプニングで大笑いの図。

 

わらべうた「どんぐりころちゃん」をみんなで歌って踊ってちょっと体を動かしてから

絵本シアター「どうぞのいす」へ

 

どうぞのいすの「恩送り」のようなストーリーをお伝えすることができたかしら…。

 

子どもたちも30分近い時間をじっくり楽しんでくれていました。

子どもたちのキラキラしたまなざしがとってもうれしかったです。

 

園庭開放「あそぼうくらぶ」は木曜日に定期的に開催されているそう。

園のゆったりとした時間の流れを感じられる機会♬

おススメです!

 

この豊かな自然に囲まれたみどり幼児園の魅力を忘れられず、遠方に引っ越しても1時間近くかけて

登園してきているご家族もいるそうです。

そして、子だくさんのご家族が多いとか…今回お手伝い下ったお母さんで5人のお子さんがいらっしゃる方がいてびっくり。

 

この日の様子だけでも、お母さん同士のつながりがしっかり作られているのが感じられました。

そういった背景が少なからず影響しているんじゃないでしょうか。

 

みどりようじえん HP

 

園ともつながりのある、地元の方々の減農薬野菜も販売していました。

私たち出演者のおみやげでもいただいて、おいしくいただきましたよ。

 

丁寧にこの場を用意してくださったみどり幼児園のお母さん方、そして先生方に感謝です!

本当にありがとうございました!!

 

先週は絵本シアターは、あちこち出張で上演してきました。

お声をかけてくださったみなさま、本当にありがとうございます。

順番に報告したいと思います〜。

 

まずは11月18日月曜日。

相模原市にある銀河の森プレイパークへ。

 

こちらを拠点に活動している野外親子サークル「もりのこ」のみなさんに声をかけていただいて、

おかあさんと絵本シアターの作品を作り、仲間たちに見てもらうというワークショップ

「みんなで絵本シアター」をさせていただきました。

 

このワークショップはゆうちゃんにとって初めての試み。

 

もりのこのお母さんたちは、未就園児のお子さんの育児に奮闘中。

まだまだ手のかかるお子さんたちとのあわただしい生活の中で、家族、特にお子さんたちの「良かれ」を軸に選択をしながら生活しているお母さんたちが多いですよね。

 

自分のやりたいことすら考える時間もないくらい忙しい中で

「母として」

「妻として」

「○○として」

こうしたいというより、こうあるべき…といった社会やほかの誰かに求められる姿に応えなくてはいけない機会もたびたび訪れます。

 

でも、お母さんだって、一人の○○さんという人間。

「お母さん」「妻」「会社員」などなど、肩書は多数あるけれど、それもひっくるめての一人の人間。

 

家事&子育てに忙しいお母さんであることも切り離さず、まるごと盛り込んで、

その人らしい表現できる機会を作ってみよう!

 

それが

もうちょっと具体的にいうと、

 

自分のやりたいことってなんだろうを考えるきっかけ作りをしたり、

自分自身が表現する楽しさを感じてもらったりすること、

そして、それをお子さんや仲間たちと一緒に楽しんでもらうこと。

 

 

お母さんがのびのびと表現することを楽しんでいる姿を、わが子や仲間たちに受け取ってもらうことは、

自分の存在をまるごと受け取ってもらうことと同じです。

 

自分の存在をそのままよしと思える(感謝できる)

 

と肌で感じることは、身近な存在、お子さんや家族の存在に対しても

「そこにいてくれることに感謝」を感じられるようになっていく第一歩。

 

あわただしい毎日だからこそ、お互いのことを「居てくれてありがとう!」と感じられる機会をあえて作ることはとっても大切じゃないかなと思います。

 

そんな思いで今年度、すでによく知っている野外保育まめのめのお母さんたちと絵本シアターの作品作りを重ねてきたのですが、

それを土台に、はじめましてのお母さんたちとももっと気軽に作品作りを楽しみながら、発表するところまでのワークショップとして「みんなで絵本シアター」を始めることにしました。

 

そんな親分ゆうちゃんの思いに共感してくれたもりのこのお母さんーもりのこかあちゃんずーと一緒に、今回は

「せんたくかあちゃん」の作品作りに挑戦です!

 

 

みなさんの忙しい毎日のスケジュールを合わせながら、日程や稽古の進め方などなど相談しながら計画していきました。

 

もりのこの代表で今回私に声をかけてくださったけいこちゃんを中心に連絡をとりあいながら、もりのこのお母さんの中でこのワークに参加してみたい人を募集してみたところ、なんと7人のお母さんたちから手が上がりました。

 

その後予定などが合わなくなり参加できなくなったお母さんもいて、最終的には5人のお母さんが参加することに。

 

初めて顔を合わせたのが10月28日

もりのこの親子のなじみのある場所をお借りしての顔合わせとワークショップ。

 

慣れ親しんでいる場所で仲良しのお友達と一緒に、ゆったり過ごしたり安心して遊んでいてくれた子どもたちのおかげと、

何よりもりのこのお母さんたちのパワフルさのおかげで話し合いもとんとんと進み、チェックインのあと、からだほぐし&きもちほぐしのワークをしてから配役や担当する箇所があっという間に決まりました。

 

そして、全体を一度通してみて、流れを把握してもらったところでワークショップはおしまい。

 

あとはこの日伝えたことや台本をもとに、もりのこのみなさんが声をかけあって練習してくださいました。

自主練の様子を撮影してくれた動画をシェアしてくれて、それを見ながら私がアドバイスすることもありましたが、

私以上にそれぞれ時間をやりくりしながら、合間の時間にお母さんたち一人一人、助け合いながら稽古を重ねてくれたんだと思います。

それが本番当日にすごく伝わってきました…。

 

本番はワークショップから3週間後の11月18日月曜日

予報が外れて当日の朝まで雨が残っていたのですが、私たちが到着するころにはお日様が…!!

「せんたくかあちゃん」のパワーをもらって、いいお天気に恵まれました♬

うっかりの多い親分ゆうちゃんだけでは少し不安だったので、この日は野外保育まめのめのせんたくかあちゃんチームに助っ人をお願いし、お手伝いにきてもらいました。

 

当日、本番前にも一度通しました。

ここで小道具や動きの最終チェック!

 

子どもたちと一緒にかみなりさまのお顔やお面を作って漏ってきてくれました!

 

衣装も身に着けて、いよいよ本番!

 

みなさん、本当にすばらしかったです。

なんて本番に強いんでしょう…。

本番すばらしかったのは、出演者みなさんの積み重ねてきた稽古の時間と集中力の賜物。

そして、お客様として温かく見守ってくれた仲間たちがいてくれた力がすごく大きいんです。

 

舞台を作り、その舞台をみるというのは、出演者と観客を分けて離れ離れの世界に存在することではなくて、

役割や立場は違うのだけれど、その場でおはなしの世界を作りあう仲間になるんです。

 

みんなでどう表現するかを試行錯誤しながら一つの作品を作り合うことでおはなしの世界ができあがる。

観てくれる人がいるから、それが舞台作品になる。

 

ゆうちゃんはそのお手伝いをしただけなんですが、サポートメンバーの強力な支えによってここまでできるとは…と、

予想以上の本番に感動しきりです。

もりのこかあちゃんたち

本当に素晴らしい時間をどうもありがとうございました。

 

 

最後に豚汁をごちそうになりました。

おいしかった〜!!

 

出演してくれたもりのこかあちゃんたちと、サポートメンバー。

マスクがお似合いなのは楽器演奏のさほちゃんです(笑)

 

本当に素敵な時間をどうもありがとうございました!!

 

そして、この日も作品にさらに豊かにしてくれたNUU「せんたくものは幸せの象徴だ」に感謝です!!!

 

※せっかくのありがとうカードに、日程の印刷ミス!!

親分はこれだから、まったくもう!!!!

 

もりのこのみなさま、最後の最後に本当にすいませんでした…。

 

お久しぶりです。絵本シアター おやぶんゆうちゃんです。

 

1か月ほどブログが空いてしまいましたが、この間も絵本シアターはひっそりと活動しています。

来週は上演予定がなんと3回!!

そのための準備をいろいろと重ねていました。

 

その中で公開できるものをお知らせしたいと思います。

11/21木曜日

みどりようじえん@高尾のあそぼうくらぶ(園庭開放)にておはなしコンサートを開催します。

 

おはなしコンサートというのは初めての試み。

 

アイリッシュハープのNaoko♪による演奏。

秋のあそび歌

そして、

絵本シアター「どうぞのいす」

の演目が並びます。

 

こんな秋の小物たちが登場しますよ。

 

 

みどり幼児園は、裏高尾にある自然あふれる幼稚園。

園についての詳細はHPをご覧ください。

 

みどり幼児園HP

 

あそぼうくらぶ(園庭開放)は、

9:45〜受付開始 11:30まで

自由遊びや園庭あそびなどできるそうです。

絵本シアターは後半の11:00〜の予定です。

 

あそぼうくらぶの予約は必要ないそうですが、

駐車場に限りがあるため、お車でお越しになる予定の方は、どうぞみどり幼児園のほうへお問い合わせください。

ちなみに…公共機関となると、1時間に1本ほどのバスになるそう。

お子さん連れだとちょっと不便ですので、遠慮なくお問い合わせくださいね。

 

ステキな幼稚園の様子を感じながら、絵本シアターを楽しみにちょっと裏高尾まで秋のお出かけをしてみるのもいいかも。

お会いできるのを楽しみにしています。

 

☆彡 ゆうちゃんとNaoko♪の おはなしコンサート ☆彡

日時 2019/11/21 木曜日 11時スタート

場所 みどり幼児園 あそぼうくらぶ にて

参加費 無料

雨天時も開催します。

 

 

 

おやぶんゆうちゃんです。

 

さて、すっかり?いきなり?季節が秋になり、あっという間に冬に突入しそうな勢いのある季節がわりですが、

絵本シアターおやぶんゆうちゃんの、近況をひとつ報告♪。

 

11/10日野市にあるプレーパークことな広場にて、NPO法人子どもへのまなざし主催出張プレーパークが開催されました。

そちらにて絵本ひろば&あそびばをやらせてもらいました。

日野市平山八幡神社の境内と川北地区センターが併設されている場所にて、毎月一回ほど定期的に開催されていることな広場。

ゆうちゃんの家族はたびたび足を運ばせてもらい、いろんなおとなもこどもも入り混じってワイワイと楽しい時間をすごさせてもらっています。

ことな広場主催まめちゃんと今回はじめましての方も大勢くるかも?と話題にもなり、ゆうちゃんもお手伝いすることに。

 

絵本ひろばは、焚火で焼き芋焼いてる人もいるかも?と、お芋つながりの絵本や、

プレーパークにちなんで思い切りあそんじゃう様子が描かれた絵本などを選んでみました。

最後に2冊ほどゆうちゃんの読み聞かせもしました。

 

まめちゃんが用意してくれた、小学生より小さい子どもたちも楽しめるゲームや工作セットも使ってのあそびばは、

終始おえかきや折り紙、切ったり貼ったりの工作好きな子どもたちでにぎやかでした。

まめつまみは、45秒の間におはしでいろんな種類のお豆をお隣のお椀にいくつ移せるかというゲーム。

大人でも結構むずかしい…年齢に関係なく楽しめるので、小さい人から大人まで、夢中になって楽しんでいましたよ。

 

ちなみに、こちらで使ったおわんやおはしは、実はお食い初めセット…先日の学校のバザーでもらったものが有効活用できました♪

 

絵本ひろばやあそびばがあることで、ちょっとホッとできたり、遊びの入り口になったりしたらいいなと思って、

これからも機会があれば開催していこうと思っています。

 

よかったらコメント欄にてお声をおかけくださいね。

 

そして、ついに

Facebookにて

「絵本シアター ゆうちゃんと仲間たち」のページを作成しました!!

 

そちらのメッセージボタンからもリクエストお受けできます。

「いいね」ボタン、お待ちしています♪

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM